鉄骨性能評価

全鉄評が行う性能評価

  大臣認定を取得するために必要な評価は、指定性能評価機関の指定を受けた全鉄評が、大臣が認可した「性能評価業務規程」(性能評価の実施方法を定めたもの)に基づき、5年ごとに行います。


イメージ

1.評価基準(審査)の内容

書類審査(書類等の確認)


  • 品質管理の組織体制
  • 所定の資格者の有無、及び配置
  • 社内規格(工作基準・検査基準・製作要領書作成基準・外注管理基準)の内容
  • 所定の製造設備・検査設備の有無

工場審査(実態の確認)


  • 主要材料、加工、組立、組立溶接及び溶接に関する品質管理状況
  • 溶接入熱・パス間温度の管理状況
  • 製品の検査方法
  • 製造設備・検査設備の点検状況
  • 社内教育の実施状況


2.性能評価の審査

  審査は、「書類審査」及び「工場審査」からなっており、Mグレード以上の工場審査は評価員2名以上、J及びRグレードの工場審査は評価員2名以上又は評価員と調査員の2名以上で厳正に行われます。その結果は、各地区毎の評価員会において審議され、最終評価がなされます。



3.評価員、調査員

  評価員(全国約150名)は、省令で定める評価員の要件を満たす性能評価員で、大学の教授、准教授とその職にあった方々が多数を占めています。調査員(全国約100名)は、鉄骨に関する専門知識を有する者で、J及びRに限定して審査することを大臣から認められた方々です。