鉄骨性能評価

大臣認定の法的位置付け

  大臣認定とは、性能規定化された改正建築基準法に基づき、鉄骨製作工場において製作された鉄骨溶接部の性能について、評価に基づき大臣が認定するものです。


  • 認定書
  • 指定書
  • 別添

認定書・指定書の法的な意味


  認定書・指定書の記載内容 記載内容の説明
認定書 下記(認定書に記載されている内容)の構造方法等については、建築基準法第68条の25第1項(同法第88条第1項において準用する場合を含む。)の規定に基づき、同法施行規則第1条の3第1項第一号イ及び同号ロ(1)の規定に適合するものであることを認める。 国土交通大臣は構造方法「鉄骨製作工場において溶接された鉄骨の溶接部の性能」について認定している。認定された構造方法は、国土交通大臣があらかじめ安全であるとして、認定書の写しを添えることにより、確認申請において必要な図書から当該部分の図書を除くことができることを認めている。
指定書 建築基準法施行規則第1条の3第1項第一号イ及び同号ロ(1)の規定に基づき、確認申請書に添える図書から除く図書として、同項の表一(は)項に掲げる構造詳細図及び同項の表二(一)項に掲げる建築基準法施行令第三章第五節の規定が適用される建築物の構造詳細図(構造耐力上主要な部分である接合部並びに継手及び仕口の構造方法に限る。)のうち下記の建築物の部分に係る図書を指定する。 指定書では、確認申請書に添える図書のうち省略できる図書として、構造詳細図及び鉄骨造の建築物又は鉄骨造と鉄筋コンクリート造その他の構造とを併用する建築物の構造詳細図(構造耐力上主要な部分である接合部並びに継手及び仕口の構造方法に限る。)を指定している。

なお、鉄骨製作工場の大臣認定の法的な位置づけは上記のとおりですが、「鉄骨製作工場において溶接された鉄骨の溶接部の性能」を確認するために、性能評価に於いては工場の品質管理体制、社内基準類の整備、社内基準に基づいた適切な製作の実施等が審査されています。